一般社団法人 情報システム学会
一般社団法人情報システム学会
システム開発方法論への科学的アプローチ研究会
 AI、IoT、人型ロボットなど、新たなIT動向が世間をにぎわせているが、「人間のための情報システム」をどのように構築すべきかという観点でいえば、我々は大きな課題に直面しているといえる。長く親しんできたシステム開発方法論を見直す機会の到来である。変化する現象の中に普遍的な構造や法則を見出すことができれば、奔流を突き進む航海を約束する方法論の構築が期待できる。本研究会では、こうした課題意識に立ち、「科学」の観点を武具とするアプローチによる新たなシステム開発方法論の可能性を探究する。
 今回は、自身の方法論=構築アプローチを厳に保ちつつ、思想と実践の両面から斯界をリードしてこられたシステム・アーキテクトの手島歩三氏を講師に迎え、「要求分析・定義アプローチの不正」という時宜にかなったテーマでお話し頂き、方法論とは何かの原点に迫る議論を楽しみます。
 今回は、情報システム学会システム開発方法論への科学的アプローチ研究会とIT勉強宴会の両団体のコラボ企画として、それぞれの方々に「開発方法論」という視点で解説して頂き、議論を楽しみます。
 今回は、方法論ビジネスの草分けである株式会社プライド様の北村充晴氏を講師に迎え、方法論とは何かの原点からお話を伺い、議論を楽しみます。
Copyright © 2010 Information Systems Society of Japan