第1回重要インフラのICT依存性解析とCIIP(重要インフラ情報防護)のあり方研究会

日時:2007年9月14日(金)、18-20時
場所:東京・丸の内 日本生命丸ノ内ビル 日立製作所会議室
アジェンダ:
仝Φ羃饑瀘の背景今後の活動について
CIIPに関わる海外研究動向
CIIPに関わる国内動向(内閣官房情報セキュリティセンターの活動など)
ここ鯵慍颯好吋献紂璽襪蛤梁鯱席犬両匆

 

参加を希望される方は、研究会主査の渡辺watanabe@kjs.nagaokaut.ac.jpまでメールでお知らせください


 仝Φ羃駝勝

「重要インフラのICT依存性解析とCIIP(重要インフラ情報防護)のあり方」研究会

 

◆仝Φ罐董璽沺

重要インフラにおけるICTの導入状況と依存性の解析を進めながら、ICT障害に対する潜在的な脆弱性を抽出し、欧米で先行する相互依存性解析の取組みなども調査・参照しながら、日本におけるCIIP(Critical Infrastructure Information Protection:重要インフラ情報防護)のあり方についての議論を展開する。

 

 主査:

氏名   渡辺研司

所属   長岡技術科学大学 大学院技術経営研究科

連絡先  〒940-2188 新潟県長岡市上富岡町1603-1、電話0258-47-9351、FAX0258-47-9350、メール watanabe@kjs.nagaokaut.ac.jp

 

ぁヾ柑:

幹事:
氏名 織茂昌之
所属 (株)日立製作所 情報・通信グループ セキュリティソリューション推進本部
連絡先 川崎市幸区鹿島田890 日立システムプラザ新川崎
電話 044-549-1679、FAX 044-549-1382、メール masayuki.orimo.nz@hitachi.com

サブ:
氏名 野山 英郎
所属 (株)日立製作所 情報・通信グループ セキュリティソリューション推進本部
連絡先 川崎市幸区鹿島田890 日立システムプラザ新川崎
電話 044-549-1679、FAX 044-549-1382、メール hideo.noyama.mw@hitachi.com


 

 

ァ仝Φ罐董璽淦瀉屬稜愀福

重要インフラ(電気・通信・ガス・水道・運輸・金融・医療・政府・放送など)がその機能提供やサービスレベルの維持・向上にICTを積極的に導入しているが、その一方で、ICT障害による機能不全や連鎖障害といった脆弱性が露呈するような事件・事故が重要インフラでも散見されるようになった。本研究会では、このような問題意識をベースに、現在の重要インフラにおけるICT導入状況とそれに伴う脆弱性を調査・整理しながら、この分野で先行する欧米の産官学の取組みも参照しつつ、今後の日本におけるCIIP(重要インフラ情報防護)のあり方についての知見の集約と、学会からの提言としてとりまとめることを目的とする。

 

Αー腓燭覲萋鮎貊蝓

東京、川崎、長岡ほか

 

Аヽ萋扱弉茵奮詰廖

1)CIIP(重要インフラ情報防護)に関する国内外動向調査

2)重要インフラにおけるICT導入状況と潜在的な脆弱性の抽出

3)日本におけるCIIP(重要インフラ情報防護)のあり方に関する議論の展開